• 1
  • 2

 

 

あなたが参加するべき6つの理由:

  • 知識や食品安全のベストプラクティスの共有できる。
  • 世界食品安全イニシアチブの最新情報の発見できる。
  • 食品安全のリスクと課題を探求・議論・議論する。
  • 世界中の800人以上の食品安全専門家とのネットワーキング
  • ネットワーキングエリアで、ビジネスができます。
  • ザコンシューマーグッズフォーラムのイベントをお楽しみください - 食品業界で約60年の豊富な経験を提供します。フォーラムは、最高レベルのプログラムコンテンツ、サービス、プロフェッショナリズムを提供します。

 

どんな人がGFSCに参加しているのでしょうか?

小売業者、メーカー、生産者、食品サービス事業者、食品安全サービスプロバイダー、学者、認定機関、認定機関、政府関係者、公的機関、国際機関、毎年、60以上の国々の800人以上の食品安全専門家が参加しています。 

参加者のプロフィール

このイベントは2001年に創設されて以来、60カ国以上の2000人以上の上級食品安全専門家がこのイベントに参加し、60%以上の参加者が翌年も参加しました。

参加者のプロフィール

  • CEO、エグゼクティブ、マネージングディレクター
  • 小売業者およびサプライヤー
  • 食品安全、技術および品質の役員
  • 認定/認証/検査機関
  • コーポレート・アフェアーズおよびPRの役員、マネージャー
  • 調達およびサプライチェーンの役員およびマネージャー
  • 政府の食品安全職員
  • 機器提供者および包装メーカー

 

...そして、食の安全を進めることに情熱を持っている他の人たち!

  • 2018年のGFSI会議のスピーカー提案書を提出された皆様、ありがとうございます!私たちはプログラム作成時に100以上の素晴らしい抄録をいただき大変嬉しく思っています。

    ギリアン・ケルヒャー、米国の食品安全・品質保証担当副社長、ウェグマンズ・フード・マーケッツ、米国
    アニタ・ショルテ・オプ・ライマー、品質保証および製品持続可能性担当シニアディレクター、アホールド、オランダ
  • 対面での会議前に電話会議ができたこと良かったです!多くの参加者にとって2018年会議で日本へ来られることは大きな投資となることを知っています。そのため、今年以上に努力して投資に値する内容になるよう尽力します。

    篠田直樹, フードセーフティー部部長、株式会社カーギルジャパン
  • 今日、私たちがやっていることの一つは、過去の参加者が私たちに提供したフィードバックを詳しく見ていることです。このプログラムを構築するにあたり、われわれは本当に価値のあるユニークで思慮深い話題を探しています。食品業界に影響がある二つの大きな要因があります:1)変化する消費者人口2)急速に技術革新。これは興味深い極性を作り出しており、業界はこれまで以上に注意深く、素早く対応する必要があります。

    サラ・モーティモア、製品安全、品質および規制担当バイスプレジデント、ランド・オ・レイク、米国
  • 1